高級クリスタルブランド・ラリック 公式サイト

ラリックについて



ラリック社は1926年、ルネ・ラリックによってパリに設立されました。
創立者ルネ・ラリックは、アール・ヌーヴォーの宝飾工芸で「モダン・ジュエリーの先駆者」とうたわれ、その後ガラス工芸に転向してアール・デコの代表的ガラス作家となった工芸家。
20世紀初めにフランス・アルザス地方、ヴィンゲン=シュール=モデールに工場を建設して以来、ラリックはさまざまな加工技術を開発するとともに、優れた職人達を育ててきました。クリスタルを溶かす坩堝(るつぼ)作りにさえ専門の職人がいるという徹底したハンドメイドの姿勢は今日なお守り続けられ、グラス1客といえども、実に10数人の手を経て作り上げられています。
ルネ・ラリックの時代から、約1世紀にわたって高い芸術性をそなえたデザインと、それを支える熟練職人の匠の技に培われてきたラリックのクリスタルウェア。
その特徴は、主に動植物や女性像など自然の美を題材としてフロステッドといわれる艶消し技法を使ったレリーフによる装飾表現にあります。
フロステッド加工、あるいはフランス語でサティナージュと呼ばれるラリックの伝統的な艶消しのテクニックにより、光は単純に透過することなくクリスタルの内部にこもってから柔らかに反射されるため、レリーフにニュアンスあふれる陰影が生まれます。
深い白色のトーンから透明に近い仕上げまで、多彩なフロステッド加工においてラリックの工房は世界最高の技術を誇ります。
ひとつひとつが職人のマウスブロー(口吹き)によって作られるラリックのグラス。
ドリンクが注がれた瞬間に透明感をおびるフロステッド・クリスタルの薫りたつ美しさと繊細なリムの心地よい口当たりは、お使いになって初めて実感していただけるでしょう。